琥太朗ブログ

色んなことをちょいちょいスピリチュアルな視点で捉えてみる

MENU

夏休みが終わる。「不登校」の子ども達へ..... 「不登校」は魂の叫び!だから良いんじゃね!?w 

 もう少しで8月も終わりですね。

 8月が終わると、「学校がまた始まる!」って真っ先にイメージ浮かぶ人も多いと思います。

f:id:kacys2850:20180830193632j:plain

 学校が始まるのを楽しみにしている子ども達も、そうでは無くて、鬱氣味になっている子ども達もいるでしょう。

 

 我が愛娘は後者の方・・・。

 

 小学校の頃から不登校氣味だった愛娘も現在は中学三年生。

 世間の当たり前を少し受け入れて、嫌々ながらも通っていた義務教育も残すところあと半年あまり。

 たぶん、学校と縁が切れるのが、待ち遠しくて仕方ない氣分だろうな~と思います。

 まぁ、僕はいろいろあって、学校には行かなくても何の問題も無い!と確信している一派で、愛娘には不登校オッケー!学校行くより、家で大好きな「絵」を書いたり、「アニメ」観たり、楽しいことした方がいいんじゃない!?なんて、そそのかしている位の一派です(笑)。

f:id:kacys2850:20180830195046j:plain

www.kotaroh.net

www.kotaroh.net

 

 で、今日、こんな記事が目に留まりましたので、世の不登校の子どもや親御さんにも紹介出来れば、と思って...

 中川翔子さん(しょこたん)が自身の不登校に関してインタビューを受けている記事。「学校に行けない 中川翔子 withnews」ググると出て来ます。

 

 この記事を読んで、すごく共感できました。

 「しょこたん」自然な流れでスピリチュアル的な考えになってますね。

f:id:kacys2850:20180830194904j:plain

 スピルチュアル好きな僕が思うところを列挙すると...

  • やっぱり楽しいことをやるべき。
  • 楽しいことは本当の自分が喜んでる証拠。魂の叫びだ。
  • 学校なんか行けなくても、この先の人生に何の問題も無い。
  • 学校で過ごす時間より、先の時間の方が圧倒的に長い。
  • 「もっと好きなことやって楽しんだほうが良かった!」と人生終焉間際の人たちの多くが言うらしい、ってことを何かの本で読んだ。その通りだと思う。
  • 今は、学歴神話が崩壊してきているし、自分の好きなこと、得意分野を伸ばす為に時間を使った方がいい!
  • 自分の好きなことをやっていない仕事はストレスでしかなく、結果的に体壊して病氣になって死んでしまう...引退してから好きなことやろうと思っても。
  • 不登校」はむしろ好きなことに費やす時間を確保するのに絶好のやり方w。
  • いじめが不登校の原因なら、なおさら学校なんて行く必要なし。
  • 「いじめ」「不登校」...そんな理由で自殺なんて、持っての外。もっと楽しいこと学校以外にいっぱいあることを知っていて欲しい。
  • 世間体を氣にして「頑張って」なんて言う人もいるけれど、そんな人の言うことは無視。絶対親身になっての発言ではない。最終的に守ってくれない。基本的に保身です。
  • 自分の人生の舵取りは自分で決めないと、最終的な死に際に絶対後悔すると思う。自分で決断したのなら必ず納得すると思うから。まぁ、「世間一般の意見に流される決断」をしたのなら、それはそれで自己決断になってしまうけど...。
  • いつ何時、病氣や事故で死んでしまうかもしれない人生、辛い事ばかりで良いのか!?どっちかと云うと楽しいことばかりのほうが良い!と素直に魂で感じて欲しい。辛い事から~の良い事の落差の大きさで、より楽しさが増す!という見方もありですが...。
  • 学校時代に人生を考えてしまうほどの「不登校」を経験する人ほど、精神年齢高いと思うし、「魂」レベルというか「魂」的難題に取り組む習熟度の高い人だと思う。
  • 幼児の頃から難題に取り組む愛娘は、確実に僕より「魂」レベル格上ですw。

 

 ・・・・・。

 もっと挙げればキリが無いほど書けてしまいますが、この辺で。

 

 スピリチュアル的に見ると、間違った方向へ行くのも潜在意識がそう望んでいると考えると、その判断、決断は正しいことになるとは思います。

 ともあれ、他人の目、自分以外の当たり前、世の中の常識に流されての嫌々ながらの行動、決断で方向を決めた後、なんだか氣分が晴れないなぁ~と思ったら、軌道修正してみてはいかがでしょうか!?それが「魂」からのサインだと思って。

 

 

 今日もありがとうございました。