琥太朗ブログ

魂の叫びに耳を傾けちゃったり、人生の真理を探そうとしちゃったりして、世間の当たり前から離脱しちゃったでやんす……

MENU

YouTubeでマイコ~w

 どうも!ハードdTVユーザーの僕です。

 

 ここんところ配信本数120,000本を誇るdTV様でも僕が観すぎてるせいか…観るものが無くなってきてる状況ですwww。

 

 new配信を期待しているんですが、追っつかない感じです。

 

 そろそろdTV月額540円(税込)より安価な月額400円(税込)Amazon.co.jp: Amazon Primeに移ることも視野に入れて…と考えるんですがプライムの配信は6,000本位なんですよね。

 Amazonでよく買い物をして動画ハード視聴者ではない人wには最もおすすめ出来るシステムとは思うんですが、僕にはそんなにアレかな~なんて思ってる毎日です。

 

 

 で、そんな時はもっぱらYouTubeです。

 

 いろいろ観ますよね……次から次へ誘導されてw。

 

 久しぶりにマイコ~観てて…やっぱりマイコ~最高ですね!

 

 あっ!マイケル・ジャクソンね。

 

 単純に歌だけでもやっぱり激ウマだしPVやライブ映像観ててもスンゴい惹きつけられますよね。

www.youtube.com

 

 若い頃の眼光鋭いマイコ~から観てって、後半の優しそうなマイコ~まで順番に観てってしまうんですよねwww。

f:id:kacys2850:20180603150516p:plain

 「マイコ~愛」からトップダンサーに登り詰めたケント・モリさんの動画とか観てても良いですよね~!やっぱり人生こうでなくっちゃ! 

www.youtube.com

 

 で、マイコ~関連動画で当然「We Are The World」にも繋がって行きますよね。

 www.youtube.com

 

 いつ聴いても鳥肌立ちます…。

 

 有名どころのアーチストが歌っていくわけですが、みんなめっちゃうまいし(当たり前かw…)一生懸命で、本気で、ってのが伝わってきてまた良いんですよね~。

 

 それぞれが大物なのにあんまり前へ出過ぎない感もすごく良かったり、「利他愛」が醸し出されてるっていうか……。

 シンディ・ローパーの一生懸命さなんて観てて応援したくなってきますもんwww。

 

 みんなが主旨に賛同して共鳴してるんだな~といつ観ても感じます。

ウィ・アー・ザ・ワールド」(We Are The World)は、1985年アメリカで発売された歌で、著名なアーティストが「USAフォー・アフリカ」として集結して完成させた。

作詞・作曲はマイケル・ジャクソンライオネル・リッチーが共作で行い、プロデュースはクインシー・ジョーンズが担当した。

レコーディング時にドキュメンタリーも制作され、ビデオになり全世界で販売された。2004年には20周年記念DVDとして「We Are The World THE STORY BEHIND THE SONG」がリリースされた。また、トレーナーTシャツなどの関連グッズも販売され、これらによるすべての印税がアフリカの飢餓と貧困層解消のためにチャリティとして寄付された。

参加アーティスト

五十音順

  引用元:Wikipedia

 
 やっぱり感動して鳥肌立てて泣けてくるってのは「魂が震える」感がハンパないです。
 
 普段の起伏のない生活を過ごし氣味の時には、歌・映画・小説…などで「魂が震える」感覚を積極的に取り入れると波動も上がって良い感じになるよな~!と思っている次第です。
 
 
 
 今日もありがとうございました。