琥太朗ブログ

魂の叫びに耳を傾けちゃったり、人生の真理を探そうとしちゃったりして、世間の当たり前から離脱しちゃったでやんす……

MENU

温泉「掛け流し」と「循環式」 から~の 「次亜塩素酸ナトリウム」

  温泉の分け方として、「掛け流し温泉」「循環式温泉」があるのを知っていますか!?

 

 「掛け流し温泉」は常にお湯を供給し、一度使ったお湯を再利用せず、排出する温泉。源泉の豊富な湧出量が必要。

f:id:kacys2850:20180206103156j:plain 草津温泉の湯畑(自然湧出量日本一)

 

 「循環式温泉」は、お湯を循環、濾過、加温して、(新しい温泉を追加する場合もある)塩素系の薬剤を混ぜてリサイクルする温泉。源泉を節約出来るため、湧出量が豊富でない場合。循環、濾過の過程で本来の温泉の効果は低下する可能性もある。

f:id:kacys2850:20180206104123g:plain

 参考:温泉コラム08:かけ流しと循環式?

 

 

 てことで、僕は「掛け流し温泉」がいいです(笑)。

 

 だって、塩素系の薬剤って(汗)

 これは次亜塩素酸ナトリウムのことですね。プールでも使ってる、あの消毒です。

    漂白剤、消毒剤として幅広く使われている化学物質で、酸性の物質と混ざると有毒な塩素ガスが発生する。「混ぜるな危険」で有名なw。

 水道水にも使われている次亜塩素酸ナトリウム。詳しく知りたい方はこちらをどうぞ! 水道水の塩素について、すべてを徹底的に調べました! | 水メディア

f:id:kacys2850:20180206122527j:plain 

 その昔、僕はスイミングスクールのインストラクターをしていた頃、プールの管理で次亜塩素酸ナトリウムを使用していました。定期的に残留塩素濃度を測ったり、プールサイドの苔取りに原液を利用したり(普通にデッキブラシで擦るよりも、断然綺麗に取れるんです)。

 で、ある時、誤ってこぼしてしまった原液の上に、素足を載っけてしまいまして、足の指の指紋が溶けて無くなってしまったんじゃないか!?と思えるほどツルツルになりました。ホントに溶けてたかもwww…しかも、当時、水虫だったのが治ってしまい(水虫菌が死んだ!?)、「どんだけ強力やねんっ!」って思ったことを思い出します。間違った使用法ですのでくれぐれも真似しないで下さい!(笑)

f:id:kacys2850:20180206122706j:plain

 

 という経験もあり、僕としては、殺菌力の強い化学物質、次亜塩素酸ナトリウムは避けたいな~!と思う訳です。

  食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ

  ⇧のようなサイトも参考にしながら、判断してはいかがでしょうか!?

  

 そういえば、先の記事「波動」 から~の 「マクロビオティック」「食養生」 - 琥太朗ブログで載せた「小澤医院」の院長も愛娘に「プール行くな!」「海に行け!」って言ってたもんな~!(笑)

 

  

 てことで、「掛け流し」の温泉に思う存分入りたい!という理由でリゾバ先を選んだこともあります。

 「湯量が豊富」「湯の花」なんて言葉、惹かれませんかw!?

 母なる大地からの恩恵をそのままの状態で受けている感が、僕を満たしてくれてるんだろうな~!と思う次第です(笑)。 

f:id:kacys2850:20180208211255j:plain f:id:kacys2850:20180208211309j:plain

       f:id:kacys2850:20180206122905j:plain

 

 温泉に行くときは、「掛け流し」か「循環式」かをチョイスの項目に入れてみてはいかがですか!?

 

 今日もありがとうございました。