琥太朗ブログ

魂の叫びに耳を傾けちゃったり、人生の真理を探そうとしちゃったりして、世間の当たり前から離脱しちゃったでやんす……

MENU

愛娘からのプレゼント失くしました

 山梨県から石川県への電車一人旅のことです。

 

 移動には電車で10時間位掛かる予定だったので、早起きして始発に乗りました。電車では読書して過ごす事が多いんですが、その日も読みかけの小説文庫本を読んでいこう!と。

 因みに、今、直木賞作家の高橋克彦さんの小説にハマっていて、電車で読んでいたのはブックオフの108円コーナーでゲットした「聖豹紀ーバンドネオンの豹」という作品。地底王国アガルタなんかが出てきて、興味津々(笑)。高橋克彦さんの作品は僕の好みにドンピシャの作品が多いんです。

 普通電車で行くと7回ほどの乗り換えがある行程です(汗)。始発に乗った為に、読書の途中に電車の揺れがいい感じで導眠剤に......www。

f:id:kacys2850:20180125170828j:plain

 何度か乗換駅で「奇跡の生還」によって乗り過ごしを回避していたんですが、後半のとある駅で、シータ波全開の意識朦朧、夢心地の中で虫の知らせ的に目を覚ますと、予習していた「乗換駅」そのもの!「グワヴァ~ッ!」っと立ち上がって電車から降りて「セ~~フ!」と。

 

 安心してトイレへ......一息つきつつ、危機回避の道程を振り返りながら、「なんか忘れてる様な気が......」と同時に、乗ってきた電車で眠気に負け始めた時に座席に置いた本を忘れたことに氣が付きました。

f:id:kacys2850:20180109180918j:plain

 幸いにも、たった今降りた電車は待機中!乗り換えるはずの電車の発車までには5分程。「行ける!」と判断し、先程降りた電車に乗り込み、見渡して探したんですが、見付けられず......。車掌さんに話して、忘れ物がなかったか聞いてみるには時間が無さ過ぎるし、乗換電車を一本遅らせば何とかなるかも!?と、スマホで瞬時に調べると2時間後になると判明(汗)。「あかん!」と諦めモードで予定の乗換電車へ乗車、そして発進。

f:id:kacys2850:20180120074148p:plain

 電車の中で、「しまった~!やっちまったなぁ~!」と悔やみながら、胃がムカムカする、あの嫌~な感覚を満喫...違ッ!乗り越えようとしながら、やっちまったシミュレーションをしていました。

 で、氣付いたのが、慌てて降りてきたので、降りた車両と探しに戻った車両を間違えていたこと。「そら、見つからんわ~!」と一瞬の判断ミスを自己嫌悪。

 

 と云う事件がありました。

 

 で、なんで本一冊にそんなに悔やむの!?と思いますよね。しかもブックオフ108円。

 

 講談社ブックカバープレゼント企画(講談社文庫本に付いてるマーク10枚で全員にもれなくプレゼントされるやつ)でゲットしたお気に入りのブックカバーを付けていたし、何より愛娘が手作りしてくれた「栞(しおり)」が入っていたんです。

f:id:kacys2850:20180125172225j:plain

 愛娘は工作が好きで、僕の誕生日には手紙や手作りのモノをプレゼントしてくれてたんですが、その中の一つがその「」だったんです。ずっと使ってたんです(泣)。

 

 それを居眠りと判断ミスで.........と随分凹みました。

 

 もちろんJRのサイトで忘れ物についても調べましたが、JR東日本、えちごトキメキ鉄道、あいの風とやま鉄道、JR西日本が絡んできて、面倒くさいことになるのが分かって完全に諦めることに。

 

 石川県へ移動後、愛娘と話す機会に「栞」の件を謝ったんですが......

 

 愛娘は「何それ!?そんなん憶えてへん!作ったっけ!?」って。

f:id:kacys2850:20180125171843j:plain

 まぁ、そんなもんだろうな(笑)と、罪悪感から少し解放されたと共に、一抹の寂しさも感じてしまいました。

f:id:kacys2850:20180125172047j:plain

 自分が相手に罪悪感を感じて、凄く悩んでいる場合でも、相手は意外に何とも思ってなくて、拍子抜けすることもあるから、思い込みすぎて悩むより、解決に向けて素直に、正直に、早めに打ち明けるといいかもね!と思った次第ですwww。 

 

 今日もありがとうございました。