琥太朗ブログ

色んなことをちょいちょいスピリチュアルな視点で捉えてみる

MENU

右脳教育 七田眞氏 超能力者になれる!?

 奥さんはその昔、学生時代に幼児教育を専攻しており、右脳教育、幼児教育の第一人者の七田眞氏のことを知ったそうです。

 奥さんは、子どもの頃から「記憶力測定型減点式切り捨て方式(笑)」の学校教育では底辺とまでは行かなくとも、中の下くらいだった事にそれなりに負い目を感じており、大学生になってから出会うこととなる七田式教育に「これだ!」と思った訳です。

 

 人間(特に大人)は言葉を使うようになったために、言語・論理・分析を司る左脳が発達しており、統合力、言語力、論理的理解力、分析力などが優れているようです。一方、共振共鳴・イメージ変換・直感・高速大量記憶などの機能を備えた右脳が大人になるに連れ、左脳に偏重して行くようです。そして、現在はこの左脳を使った能力を推し量って人間の優劣を決めてしまうキライがあるように思います。

 

 そんな中で学生時代の奥さんは、七田眞さんの「右脳そして間脳を覚醒させるとだれでも天才になれる」という主旨の教育論に撃ち抜かれたようです。

 嫌々やらされる感てんこ盛りの既存の学校の勉強と違って、興味をソソられた事っていうのは、人の知りたい欲を貪欲にさせますよねw当然、自ら知識を増やす行動へ...。

 

 天使のような穢れのない赤ちゃん、乳幼児期にはまだ左脳より右脳が開放されており、訓練、開発をすると速読、ひと目見ただけで難しい計算が出来る、圧倒的な記憶力など、一般的な大人からみて「超能力者」にしか見えないことが出来るようになる。

 奥さん自らが経験してきた「左脳によって記憶しようと思っても限度がある」という認識から逃れられる。もっと言うとサイキック超能力的)な能力(テレパシー透視力予知力念力)をも高めることが出来るらしい。子どもにこんな能力が備わるなら、信じてみない手はないですよね。僕だって正直「ほしい~」と思うし。

 

 ということで愛娘が生まれてすぐに、幼児教育グッズ(ドッツカード、絵カード、論語のCDとかもあった様な気がする!?)をゲットしてたのを思い出します。

 

 ドッツカード・・・1個から順番にドットが書いてあるカードを言葉で言いながら高速で見せて訓練することによって、例えばドットが80個のカード85個のカードが瞬時に見分けられるようになる。

 

 自宅近くに七田チャイルドアカデミーがあったので通ってもいました。引越しその他諸々の事情により、途中で中断しましたけど「右脳開発で天才になる」ということを知っているのと知らないのでは随分話が違うので、良しとしてます。

f:id:kacys2850:20180103171606j:plain

 因みに、愛娘と外出時に鳥の大群を見かけると

  僕 「あれ、何羽居るん!?」

  愛娘「分かるかっ!!!」

 という会話がお約束となっておりますw。

 

 最近、ブックオフの108円コーナーで下の本が目に留まり、右脳の話を思い出した次第です。

 第三の脳、第三の目、松果体を開放する瞑想・呼吸の方法。天才は第三の目が開眼している。右脳開発によって起きる奇跡的な事例など、なかなか興味深かったです。なお、大人でも右脳開発は可能なようです。

 初版が1996年だから、もう20年以上も前なんですね。僕も含めて、もっと右脳人間が増えるといいな~と思いました。エスパー僕。

 

 

 今日もありがとうございました。